日本の廃山

日本各地の炭鉱・鉱山について記したい

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕張新炭鉱 跡地  



夕張新炭鉱。

新鉱とも呼ばれ、期待の新生とも言われたエネルギー転換期に

スクラップアンドビルド政策で躍進炭鉱の一つとして新たに開発された

夕張の北部炭砿だった。


夕張新炭鉱は1975年に誕生し、

立坑櫓も新しく造られ構内設備も全て新設ということから

当時の炭鉱業界の中では一番良い設備だったと言っても過言では無いだろう。

この立坑櫓は三池製作所のZ型(新R型)立坑が採用され

立坑断面直径7m。

ヘッドシーブ直径5m×2

運行距離893m

全深度917m

ケージ2段デッキ(1デッキ30人乗り×2段)
 人員平均1200人(1日)
 人員最大1265人(1日)
 (平均体重65kg換算)

実働時間 6時間(1日)

ケーペ巻き揚げ式のサイリスタレオナード方式

という立坑であった。

当時の立坑でサイリスタレオナード方式が採用されたのは

夕張新炭鉱と九州の

三井三池炭鉱の有明二鉱と池島二鉱である。

特に当時はワードレオナード方式が一般的であったことから

立坑櫓自体の性能の良さに北炭の威信が垣間見える。




さて、このようにして最新鋭の設備が導入されて完成した

北炭夕張新炭鉱であったが長くは続かなかった。


1981年10月16日の総員93名が亡くなったガス突出事故を機に

新炭鉱は出炭を減らし、翌年には閉山。

少数精鋭として躍進しようとしていたビルド鉱も

各地で相次ぐ事故によって疲弊し、

いよいよその実力の日の目を見ること無く閉山に至っている。






67f8dcffd14600a4eecdd3131d9b6c57-1024x600 (1)


07 (1)

2枚共にネットで発見した夕張新炭鉱の建物現存時の写真。




今、この夕張新炭鉱は解体され空地となっていると聞いて

現地に向かうことにした。





DSCF7508.jpg

夕張市清陵町のコープ裏手に残る新鉱のスローガン


この奥にある通洞で山の反対側に抜けたいところではあったが、

閉鎖されていた為に林道経由で行くことになった。

林道は真新しい鍵が付けられ

破るのは到底不可能だったためにそこからは熊との遭遇を覚悟し

慎重に進むことにした。









DSCF7514.jpg

夕張新炭鉱と書かれた通洞の反対側



一時間以上かかっただろうか。不気味な静けさが悪寒を誘う。











DSCF7520.jpg

夕張新炭鉱跡地









DSCF7527.jpg

基礎だけ残されたもの。










DSCF7547.jpg

何も分からない。









DSCF7619.jpg

第一扇風機風洞斜坑と立坑が密閉されていた。

奥のコンクリートがZ型(新R型)立坑の真下に当たる。











ここで気がついたことがあった。









DSCF7625.jpg

何かが埋まっている。




DSCF7555.jpg

DSCF7601.jpg

後から知ったことなのだが、

どうやらこの場所に存在した建物の一部は

地面に埋められ再び土で埋め戻されているらしい。

瓦礫の隙間からライトを当てて中を見たが、靴や当時のものと思しきヘルメットなど

色々なものが散見できた。








少し、場所を移動する。













DSCF7701.jpg

警告と書かれた看板









DSCF7709.jpg

当時のライト置き場だろうか?









DSCF7675.jpg

火薬類取扱い教習室










DSCF7678.jpg

火薬使用表










DSCF7717.jpg

ここは夕張新炭鉱の火薬類取扱所。 唯一表札が残る場所である。

この場所は明かす事ができないが、

閉山から30年以上も経過した今でも看板はしっかりと残されている。

そう、不気味な程に美しく。


妙な視線と悪寒感じた私はすぐさま撮影して外に出て退散した。

私が表札の上から伸びる腕のような影を確認したのは家に帰ってからだった。


ここは私のような調査員でも軽く来てはいけない場所なのかもしれない。

表札が盗まれるなどと言うことは起きないとは思うが、

この場所に来ること自体が、罰当たりだったのかもしれない。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://reminscence.blog.fc2.com/tb.php/40-caa6e3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。