日本の廃山

日本各地の炭鉱・鉱山について記したい

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北炭幾春別炭鉱 緑坑の斜坑群について part2  


DSCF2956.jpg
意外と知られていない炭鉱、北炭幾春別炭鉱。そもそも、この幾春別炭鉱が北炭という夕張を代表する大企業が採炭を行っていたという事も案外知られていなかったりするが、錦竪坑の存在がやはり大きいのだろう。

ここで周辺の状況を確認しておきたい。

MHO662X-C3-27 (1) - コピー - コピー - コピー
1966年の幾春別の航空写真である。

北炭幾春別炭鉱の閉山から約10年が経過し、周囲の状況は大きく変化している。

MHO662X-C3-27 (1) - コピー - コピー
当時の施設を組合せるとこのような感じになる。

青線は北炭幾春別炭鉱の専用軌道があったんじゃないかなーと私なりに考えた経路図である。選炭場から出発した専用軌道は橋梁を2ヶ所渡り、幾春別川の対岸へと渡る。そして錦竪坑の通洞を直前にして分岐が始まり、直進すると錦竪坑。右折すると青葉坑や緑坑の斜坑群へと続く築堤が現れ、その嚆矢として幾春別森林鉄道と立体交差を行っていたのではないかと私は推測する。

DSCF3123.jpg
航空写真の黄色い〇の辺りにある幾春別森林鉄道の立体交差部分。恐らく専用軌道はこの下を潜って緑坑や青葉坑へと続いていたに違いない。


ちなみに、鉱区図を当て嵌めるとこのような感じになる。

MHO662X-C3-27 (2) - コピー - コピー - コピー
各坑の鉱区図はこんな感じかなぁと。緑坑が末端に存在し、錦坑と緑坑の間に青葉坑が存在すると言った形になっていたはずなので、大まかにはこれであっているんだろうと思う。

MHO662X-C3-27 (2) - コピー - コピー - コピー - コピー
先ほど発見した緑坑の斜坑2本はこのように存在していることから、残りの緑新斜坑と青葉本卸斜坑と副卸斜坑は?部分のどこかに存在することになる。年代として分けるならば、青葉坑の斜坑は戦前から存在するものであることからして煉瓦造りの斜坑(とは言え緑斜坑で幻想が打ち砕かれた)可能性が高いと見て良いだろう。緑新斜坑は幾春別炭鉱の晩年に造られたものである事からコンクリート造りの斜坑でほぼ確定である。



DSCF2998.jpg
緑斜坑から順当に歩いて行くと擁壁が現れた。

この擁壁は遠くから見ると一部が山側に向かって反れるように形成されており、この擁壁は事実上の分岐を意味するものであると私は考えた。また、謎のアンダーパスも存在し、ここより山側に「何かがある」と確信を得た訳であるが・・・。




DSCF3023_20161109234039d94.jpg
熊笹が酷すぎる

熊笹を掻き分け、着雪に湿るズボンと上着に不快感を得ながらも取りあえず進む。





・・・ん?待て? 熊笹の奥に何か見えないか!?





DSCF3046.jpg
よっしゃああああああああああ!!!

あった!あったぞ!!!

何の斜坑か分からないけど、何かあった!!!




DSCF3040.jpg
コンクリートの坑口を有しているが、その先で斜坑は潰されたのか自然崩壊なのかは分からないが消滅している。ただ、ラッパ状の坑口は紛れもなく当時の斜坑で見られる様式に違いない。付近は湧水によって水没し、長靴でもそれなりに丈のある物でなければ浸水するぐらいの深度である。
そういえば、浸水と言えば先ほどの擁壁の先にも謎の池が存在した。



DSCF3017.jpg

DSCF3015.jpg
この池の直前までがコンクリートによって擁壁と築堤で形成されている。

まさか、この池の下に・・・。斜坑があるのか???いや、あるんだろうなぁ・・・。




この後も付近を歩い程度捜索したが、斜坑は錦坑の1号坑道と連絡通洞2本程度しか発見することが出来なかった。今回のラッパ状の坑口の発見こそ、個人的に一番大きな収穫となったことは間違いない。ただ、この斜坑と水没した斜坑が一体何の斜坑なのかが分からない。
家に帰り、北炭幾春別炭鉱についての文献を再び漁った。鉱区図こそないものの、採炭法と通気や排水系統を探していたところある文章が出てきた。以下、北炭幾春別炭鉱についての紹介文である。

『排水法。水準以下の湧水は全部坑道下の下水にて流出せしめ、水準以下なる緑坑は錦坑に落下せしめ、錦竪坑によりタービンにより排出す。青葉坑に於いては個別に排水タービンを設置し排水を行う。』

以上の事から2つのことが分かる。

・排水系統では緑坑は錦坑の坑底に流し込み、竪坑により排水。つまりは緑坑と錦坑は連絡坑道で繋がっており、青葉坑とは排水系統が別である。
・青葉坑は排水系統が単独であり、個別で排水を行っていた。


ここで今現在の錦通洞を思い出して頂きたい。

DSCF3153.jpg
硫黄分を含んだ湧水が流れ出す錦通洞。つまり、この水は錦坑だけでなく緑坑からの湧水が含まれているという事であり、青葉坑の排水は青葉坑単体で行っているという事である。


DSCF3046.jpg

DSCF3015.jpg
湧水で溢れる斜坑2本。

もうお気づきだろうか。この斜坑は北炭幾春別炭鉱の青葉坑の本卸と副卸なのである。独自の排水系統によって形成され、地下で連絡坑道が造られなかった青葉坑は閉山後の排水について考慮されていなかったことにより湧水が今でも湧き出してくる斜坑となっていたのである。恐らく坑口が現存するものが本卸斜坑、水没したものが副卸斜坑で違いない。
副卸斜坑は専用軌道にほぼ直通できる形で位置しているのに対し、本卸斜坑は一度スイッチバックを行って入坑するようにされていたようである。ちなみに、青葉坑の排気システムには直径四尺のチャンピオンと四尺六寸のシロッコファンによって排気がなされていたらしいので、実際はこの他にも少なくとも1つは斜坑があると見て間違いないだろう。副卸か本卸かが排気斜坑になっていたとしても、2台を同じ場所に設置するとは考えられないからである。

こうしてあまりにも適当すぎる調査が終わったが、その中でも緑新斜坑という北炭幾春別炭鉱の晩年に新設された斜坑を発見できなかったのが何とも悔しい。今はもう雪に埋もれている頃だと思うが、何かの機会があれば是非とも再調査に踏み切りたい所存である。



スポンサーサイト

北炭幾春別炭鉱 緑斜坑群について  


北炭幾春別炭鉱と言えば、言わずと知れた古参炭砿である。起源は明治13年の開拓使官僚の島田純一と山際永吾が石炭露頭を捜索中に発見し、翌年にアメリカ人礦業知識人ポッターが巡検したことに始まる。本格的な開発は明治18年から始まるも度重なる中止と鉱区明け渡しと買収を重ね、明治22年に北海道炭礦汽船の幾春別礦業所として再編された。炭鉱の閉山は昭和32年。坑命は71年と長かったが、将来の幾春別下層鉱区開発を視野に入れていた北炭は閉山後の幾春別炭鉱鉱区を手放すこと無く北炭幌内炭鉱の閉山まで保有していたと言われている。
まず、この炭鉱で一番有名なものと言えば北海道最古と言われている錦竪坑櫓である。

DSCF3167_20161109233835ea6.jpg
北炭錦竪坑櫓。シールドガイドR型でガイドシーブや巻室などが残されているものの、左上にある北炭マークは三笠市立博物館がオリジナルを回収してレプリカを作り直したもの。

この竪坑は地上ではなく、地下に操作場を有していた為に竪坑の真下に通洞トンネルも存在する。

DSCF3153.jpg
錦竪坑通洞。横にあるコンクリートの残骸は幾春別森林鉄道の橋脚跡。

このように竪坑への乗降が地上ではなく半地下の竪坑は錦竪坑の他にも三井砂川第一竪坑などが似た構造を有している。また、三菱美唄第三立坑も同様の方式である。




今回、北炭幾春別炭鉱に焦点を当てたのは調査仲間のはっしー氏が疑問を投げかけてきたからである。現在、幾春別炭鉱選炭場跡地は三笠市立博物館に。幾春別森林鉄道跡地はサイクリングロードとして活用されているが、その中でも気になる区画があると話題になった。


DSCF3123.jpg
幾春別森林鉄道の橋梁跡。

ここで、はっしー氏から一言。「沢も川も無い場所で橋梁をかける必要って何だと思う?」私はそういわれてみてばそうだと目を覚ました。確かにそうだ、こんな場所に橋を設けるなんて『まるで何かを避けるために渡っているようでは無いか』。3時間に及んだ電話のち、私は手元にある北炭幾春別炭鉱について記された資料を片っ端からひっくり返し調査を行ったがこれと言った資料を発見するには至らず。その代わりに周辺に斜坑が通洞含め10本以上も存在するという事が判明した。
今現在、周辺でPRされている斜坑、通洞は錦竪坑の煉瓦積み通洞のみ。その他に10本近くも存在するなど、到底考えられる訳も無かったので1960年代の航空写真を参考にしてみたがこれと言った手掛かりは見つからなかった。ただ、森林鉄道とは別に北炭幾春別炭鉱専用軌道線(小型軌道)が少なくとも2線が敷かれている事が判明した。以上を纏めると以下のようになる。

北炭幾春別炭鉱

・錦坑
 錦竪坑
 錦通洞
 錦斜坑(1~4号斜坑)

・青葉坑
 本卸(人員・石炭?)
 副卸(石炭・ズリ・材料)

・緑坑
 本卸(人員・石炭)
 風井斜坑(石炭・ズリ・材料)

・緑新斜坑
 よく分からん、不明。斜坑2本あったっぽい?


が原生林に還りつつ幾春別の山奥の中にあるらしく、ただでさえ状態も何も分からない幾春別の山の中で決死の調査が行われる事となった。調査日は11/7。初雪間もなくの調査となった。






当日。

留萌から車で2時間余り。漸く三笠市の幾春別町に到着した私は長靴、防寒対策に身を包み国土地理院の1960年頃の白黒航空写真を再確認した。この周辺では電波も届かない可能性がある為に、なるべく事前の地図と遭難時の対策は行ってる。まずは緑斜坑の捜索から始める。
緑斜坑は斜坑2本を有し、石炭の出炭量は1940年頃の資料によると日産150tほど。日産150tと言う事は年産に直すと年間採炭日を330日としても49500t程度。つまりは年産5万tといった非常に非力な感じのする斜坑である。北炭幾春別炭鉱の中では珍しく本卸に複胴電気巻上機100㏋を有し、風井斜坑には小型のワルハム式複胴蒸気式巻上機50㏋が設置されていたらしい。どちらにせよ、非力である・・・。
幾春別山手町の一角に車を止め、道なき道ともいえる山の中を歩くこと2分。あまりにも唐突にその瞬間はやって来た。


DSCF2940.jpg
お前なんでこんなに早くでてくるんや!!!



もっとこう、苦労してから出てきてほしかったものだが、出てきてしまったものは仕方ない。この斜坑こそが北炭幾春別炭鉱の緑坑の風井斜坑である。斜坑本体はどういう訳かコンクリートの巻きでガチガチに固められており、あまり時代を感じさせないスタイルを有しているせいでなんか発見欲が満たされない。






DSCF2938.jpg
内部はコンクリートでは無いが土砂によって埋め戻されていた。ちょっと乱暴な感じがしなくもないが、1960年以前の閉山に対する処置はこれくらいで良かったのだろうと我ながらに思ってしまう。どこかの立坑跡地のように蓋もせずに放置している場所がある事を考えれば、これくらいはまだまだ緩い。



DSCF2946.jpg
本卸入口

DSCF2948_20161109233618006.jpg
爆風洞出口
周辺にはもちろん本卸もあった。本卸にはガス爆発を想定した爆風洞(これ本当に爆風洞として使えるのか?)があり、ガス爆発などの災害に対して巻上機などを守ろうとする感じが見て取れる。


DSCF2956.jpg
内部から見た本卸出口付近。

北炭幾春別炭鉱の緑坑跡地は林道の先にある事からアクセスは容易であるが、インターネットで検索をかけても該当するものが皆無な事からまだ存在を知らない人の方が多そうな斜坑である。そしてこの斜坑の先に幾春別炭鉱専用軌道っぽい跡が続いている事から私はある仮説を思い浮かんだ。





DSCF3123.jpg
この幾春別森林鉄道は幾春別炭鉱専用軌道と立体交差を行い、その専用軌道がズリ山を回避してこの場所まで延長されていたのではないかと。つまりは、北炭幾春別炭鉱の末端である緑坑から錦坑に向かって進んでいけば青葉坑と緑新斜坑の遺構も発見できるという一石二鳥なものじゃないかと考えたのである。







次回、北炭幾春別炭鉱編 part2へ。


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。